小さな発泡箱で熟成中のシュトーレン。

私のレシピは、一般的なものに比べ、

加える洋酒漬けフルーツとクルミの量が

ハンパない。

さらに、生地の砂糖はぐっと控え、

東京の地粉(中力粉)100%なので、

みしっと詰まった焼き上がり。

手に持てば、ずしりと重い。のが、特徴。

 

洋酒漬けフルーツは16年程の古漬けと

2~3年の浅漬けを合わせて使う。

ドライフルーツも10年以上漬けたものは

アルコールの力でソースのようにとろけ、こねている間、形を維持できないので、

新漬けを加えないと、焼き上がりにフルーツの食感と彩が楽しめない。

なので、断面はレーズンやプルーンが緩んだ深紫色に点々と染まった生地で不思議な彩。

・・・・・の予定(笑)。

週末集ったドイツレストランのデザートに添えられていたシュトーレンは、

美しい黄金色にフルーツが点々と散る、端正なひとひらだった。

我が家の今年の焼き上がりの姿を想像してしまい、一人、にやにや、わくわく。

熟成期間が味を広げるシュトーレン。さて、味見のカットはいつにしようか。

各クラスのご案内

■最寄駅は JR山手線 目黒駅です

 

■お問い合わせ

 お問い合わせフォーム  

 または下記メールアドレスから

 お願いします。

 返信用アドレスまたは連絡先

 お名前を必ずご記入ください。

   oryourimie@yahoo.co.jp

 

お問い合わせ等には、

48時間以内に返信しております。

返信が届かない場合、こちらに

届いていない可能性があります。

お手数をおかけしますが、

再送いただくか、

下記コメント欄からご連絡ください。

こちらのコメントは認証制ですので、

公開されることはありません。

よろしくお願い申し上げます。 

**************** 

コメント: 0

新刊のお知らせ

2017年11月8日発刊

2017年10月18日発刊

2017年6月14日発刊

2017年3月29日発刊

2017年3月28日発刊

2017年2月1日発刊