お節作りの出し殻や切れ端の始末。

味付けや詳細は変わるけど、

毎年ほぼ同じ内容なお節だから、

始末すべきものもほとんど同じで、

結局、作るものもほぼ同じ。

 

お節は時間で仕上げなくちゃいけないから、

作っている2日間はあわただしく、

始末の料理は、あれこれ深く考えず、

過去の記録通りに作るのが楽、

でもあるのだけど。

 

出し殻佃煮を数日前に食べたら

「これは佃煮じゃないだろう」てなあっさりした仕上がりだった。

そういえば、今年は昆布巻きの仕込みを減らし、かんぴょうが随分残り。

煮しめに入れてもまだ残り、昆布やシイタケの軸と薄味に炊いたことを思い出した。

作ってから日をおいて食べると何かと新鮮で(笑)

薄味ってやっぱりおいしいなあ。と、我ながらしみじみ。

作ったときは長く保存できないと思ったけど、結構日持ちしたのにもびっくり。なるほどねえ。

各クラスのご案内

■最寄駅は JR山手線 目黒駅です

 

■お問い合わせ

 お問い合わせフォーム  

 または下記メールアドレスから

 お願いします。

 返信用アドレスまたは連絡先

 お名前を必ずご記入ください。

   oryourimie@yahoo.co.jp

 

お問い合わせ等には、

48時間以内に返信しております。

返信が届かない場合、こちらに

届いていない可能性があります。

お手数をおかけしますが、

再送いただくか、

下記コメント欄からご連絡ください。

こちらのコメントは認証制ですので、

公開されることはありません。

よろしくお願い申し上げます。 

**************** 

コメント: 0

新刊のお知らせ

2017年11月8日発刊

2017年10月18日発刊

2017年6月14日発刊

2017年3月29日発刊

2017年3月28日発刊

2017年2月1日発刊